家賃 滞納

家賃を滞納。強制退去を少しでも延ばすにはどうすればいい?

家賃滞納から強制退去までの流れ

 

家賃の滞納とワンルームマンションいうのは、住む場所を失うことにもなりかねない大きな滞納で、大抵は月の収入の3分の1程度を占めるので、金額的にも大きい影響があります。
そして、一度滞納をすると臨時収入でもない限り、なかなか支払えなくなっていくという特徴があります。

 

それは、どのような人でも賃貸物件に住んでいれば、家賃というのは真っ先に必要経費として収入から取り分けておくものなので、家賃の滞納をし始める時点では、生活が破たんしていることが多いからです。
家賃というのは切り詰められない生活費で固定額ですから、他を節約しても支払えないのなら、もはや住み続けることは不可能と考えるしかありません。

 

家賃の滞納を続けると、最初は電話やハガキ・封書などでの催告から、場合によっては訪問しての催促、最終的には建物明渡請求という裁判を行って強制退去へと進んでいきます。

 

最終段階である強制退去になるまでは、ある程度期間があり、初回の滞納でいきなり強制退去ということはありません。
判例から3ヶ月の家賃滞納があれば裁判所も貸主の言い分を認める判決を出します。

 

従って、最低でも家賃の滞納3ヶ月+裁判+強制執行手続きの期間は必要ということで、普通に考えれば半年以内の強制退去は難しい面があります。
だからといって、半年もの間滞納していては、交渉の余地すら生まれないのは誰でも考えるでしょう。

 

家賃は一部だけでも支払うのが得策。なぜなら大家は空室リスクが怖い

一般的に言われているのは、貸主(大家さん)にとって空室こそが最大のリスクで、新たな借主の募集や裁判費用を考えると、少しくらいの滞納の方がリスクが小さいため、家賃の滞納は割と大目に見てもらえるという説です。

 

確かに、所有者が法人ではなく、大家さんと居住者が何らかの関わり合いを持つような状況であれば、家を追い出したら住むところが無くなるのはわかっているので、少しは情も湧くというものです。
家賃を滞納するからには引っ越し費用も無いのは明らかで、少しくらいなら待ってあげようという人の良い大家さんも多いでしょう。

 

ただし、滞納を常習化すると、そのような居住者を置き続けてトラブルを続けるくらいなら、強制退去させてでも(場合によっては退去費用を出してでも)きちんと家賃を支払ってくれる借主を探すのは当然です。
そして大家さんの我慢の限界まで滞納する前に、大家さんや管理会社と話し合いを持たなければ、手遅れになるのは自明の理ですよね。

 

家賃に限りませんが、交渉で大切なのは何といっても誠意で、全額は無理でも滞納分の一部だけでも支払い、残りを猶予してもらう交渉をしたいものです。
一部でも支払うとなると急な出費となってしまいますが、追い出されるリスクを考えれば安いものでしょう。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ