住宅ローン 払えない

住宅ローンが払えない。どうするのがベスト?家を手放す?

住宅ローンは滞納3ヶ月目が危ない?

住宅ローン
住宅ローンを支払えずに滞納した場合、すぐに家が差し押さえられて出ていかなくてはならないようなことにはなりません。

 

通常、初回の滞納で金融機関が動き出すということは無く、滞納しているので支払いを督促する通知が来る程度です。
督促が来た時点で支払うか、金融機関によっては翌月に2ヶ月分支払うことで、何も無かったかのようにそのまま住み続けることができます。
金融機関の判断次第ですが、2ヶ月を超えても督促だけで済む場合もあり、3ヶ月を超えたら危ないと良く言われています。

 

滞納を続けていると、金融機関は保証会社といって、滞納があった時のための保証をしてくれる会社にローンの残額を一括で返済してもらう手続きを取ります。
もしくは、連帯保証人や連帯債務者に請求を行いますが、最近の住宅ローンでは保証会社を利用して契約時に保証料を支払うのが一般的です。

 

この段階まで来ると金融機関への借金ではなく保証会社への借金です。
残りの選択はあまりなく、保証会社と返済について話し合うとしても、滞納するくらいですから一括はもちろん継続して支払うこともできませんよね。
いよいよ家を手放すことを前提にして動くことになります。

 

売却するにも買い手がつかないという悲劇

ローンが残った家を売却するには、債権者との合意の上で行う任意売却という方法と、裁判所を経由して行う競売の2つがあり、一般的な不動産売買では、ローンが残っている物件に対して買い手が付くことはまずありません。
それは、住宅ローンというものが住宅を担保にして貸し出しており、ローンが残った住宅には抵当権が設定されていることが理由です。

 

家がローンの残額よりも高く売れれば良いですが、昨今の不況では不動産の価値が上昇していることなどほとんどなく、特に競売では売却金額が安いため、待っているのは家を売っても借金が残るという辛い状況です。
賃貸住宅を借りるとしても、家賃と残ったローンの返済を続けていける経済状況なら、初めからローンの滞納にはならないでしょう。

 

金融機関も鬼ではない。早めの相談と生活基盤の見直しを

そう考えると、初めて滞納した時点、できれば滞納しなければ生活できないことがわかった時点で、金融機関に返済計画の見直しを相談するのがベストです。
以前と違い、現在は各金融機関も住宅ローンの支払いについて相談窓口を持っているので、これまで滞納したことの無い「支払い能力がある優良な客」のうちに相談するということです。

 

それでも、金融機関が営業している平日の昼間に時間も取れなければ、相談しても応じてくれないことだって十分あり得ます。
滞納していたら契約違反という非がある以上、金融機関も応じる必要などなく、支払えない見込みの客を相手に親身に対応してくれるか疑問もあるでしょう。

 

このように、住宅ローンの滞納は数ヶ月の猶予がありますが、家を失い借金も残る可能性という大きなリスクが待っています。
その猶予を利用して生活基盤を立て直すために、一時的な返済方法を検討して最悪の事態を回避するのが有効な手段です。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ