ゴルフ会員権 年会費が払えない

ゴルフ会員権の年会費が払えない。請求を無視しているとどうなる?

趣味が家計を圧迫。ゴルフ会員料の滞納について

ゴルフ
多くのゴルフ会員権では年会費を必要としており、費用はクラブによって異なりますが、クラブ運営費用の一環として、会員から徴収されるのが通常です。
しかし、プレーしていなくても持っているだけで請求がくる年会費については、経済上の理由だけではなく、ばかばかしくなって滞納している人も多くいるのは事実です。

 

ゴルフ会員権の年会費を支払わない場合、どのように扱われるかは会則によって全く異なります。
ゴルフ会員権と名付けられた権利には、一般にメンバーとしてのプレー権と預託金(保証金)返還請求権があり、会則に定められていれば、年会費の滞納によってメンバーとしてのプレーを認めないことも、除名処分もあり得るでしょう。

 

しかしながら、メンバーがビジターになるのはともかく、除名をすると預託金の返還をしなくてはならない可能性が出てきて、その額は年会費を清算しても比較になりません。
そのため、除名はされずに何らかのペナルティを受けたまま会員として維持され続け、延々と会員費の請求も続くことになります。

 

他には、会則によっては預託金の返還請求権を失うという規定がされているかもしれず、その場合には年会費の滞納は要注意です。
年会費の滞納で預託金を失うようなことがないように、会則を今一度確認してみましょう。

 

長期滞納は訴訟の対象にも

また、年会費の支払いは会員の義務となるので、長期間に渡って滞納を続けると訴訟手続きを起こされる可能性があり危険です。
持ち続けると年会費の請求権がクラブ側にあるので、そのような会員権は処分を前提に検討するのも1つの方法です。

 

ただし、年会費を滞納すると、退会なら預託金との相殺、売却なら売却代金との相殺ができる場合と、年会費を支払わないことで退会も売却もできない場合があります。
購入時に掛かった資金を考えると、元々安いか価値が暴落した会員権でもなければ、年会費を支払い資産として動かせる状況にしておいた方が良いでしょう。

 

少なくとも、会員の義務である年会費の滞納は、決して好ましいことではありません。そもそも年会費を払えない状況だと、ゴルフ自体ができないでしょうから、売却や退会の費用と割り切ってお金を用意して年会費を支払い、売却代金や預託金の返還でその分を補てんするつもりで考えれば、それほど滞納分は大きな出費でもないと考えられます。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ