出産費用 払えない

出産費用が払えない。出産一時金だけでは足りない時はどうすればいい

出産一時金が直接病院に支払われずに、本人建て替えのケースがある

出産
健康であっても掛かる医療費の中でも、出産費用というのはトップに来るほど高額で、しかもお金がなくても分娩は待ってくれないという特殊な事情があります。

 

出産費用は、自治体から出産育児一時金として支給されるため、何らかの健康保険に加入していれば大部分は一時金で賄えるでしょう。
しかし、病院によっては一時金では不足し差額を自己負担しなくてはならないケースもあるのは確かです。

 

現在、出産育児一時金は従来の産後の申請だけではなく、申請(請求)も受け取りも医療機関が行い一時金が直接支払われる「直接支払制度」や、一時金の受け取り先を医療機関とする「受取代理制度」が用意されています。
これらの制度を利用すると、費用がオーバーしても退院時に差額分しか支払わなくて済むため、自己負担が軽減されるという大きなメリットがあります。

 

ところが、全ての病院が直接支払制度や受取代理制度に対応してはおらず、分娩前に数十万円の現金を支払う保証金制を採用しているところも少なくありません。
保証金を求められなくても、産後の一時金申請では出産費用を一旦は全額支払う必要があるので、妊娠に気付いた時点から出産に備えて、少しずつでもお金を工面しておくのが一般的です。

 

出産一時金ではまかなえない切迫早産

しかし、どうしてもお金が工面できない理由、例えば切迫早産で出産前から入院し長期化した、予定外に分娩が早まり緊急入院から早産になったなど、一時負担であってもお金を支払えない場合が出てきます。

 

特に、早産で赤ちゃんが未成熟の場合には出産後も入院が必要になりますが、医療費が支払えないからといって、さすがに病院は産後の母子を外に放り出したりはしません。
それでも何らかの方法で支払わなくてはならないのは変わりないので、出産直後から母親が金策に走るという大変な目に合います。
支払わなくても赤ちゃんを退院させるかどうかは病院の判断になるとはいえ、そのまま支払わないでいると、とても大事な1ヶ月検診を断られる恐れもあります。

 

数ヶ月まとまったお金を用意できればなんとかなる

産後の出産育児一時金は、今日申請して明日お金が入るというものではなく、支払わずに退院するためには病院と何らかの交渉は必要です。

 

一時金の支給まで待ってもらえるのであれば誓約書等にサインするだけで済みますし、貸付制度の利用を進められることもあるでしょう。
病院もボランティアで経営している訳ではないので、それほど猶予をもらえないことだって考えられます。

 

病院に支払わなくてはならない金額は、出産育児一時金でほとんど戻るか、一時金の方が多い場合には後から差額を貰うための申請もできます。
つまり、ほんの数ヶ月程度の間だけまとまった お金を用意できればいいので、入るお金があるのに急な出費で手持ちが無い場合と捉えても良いでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ